2007年 01月 02日 ( 1 )
写真の休み日
レンズキャップもなく、ぶらりと首から提げたデジ一眼を胸でかかえる男性を電車で見た。
絵を写すための大事な入口をあれほど無造作にするなんて。
確かに自分もカメラやレンズに愛情はまったくないが、写真を撮るための"ただひとつの道具”
そんな彼のファインダーには、いったい何が映るのだろう・・。
--

今日はナショジオ(NATIONAL GEOGRAPHIC)と、あるポートレイト撮り方本を購入。
写真やカメラの歴史本でも買おうかとも思ったけれども、
結局のトコロ、写真集が写真の歴史すべてとも言えるので
自分の目標に近づくためのテクニック本に落ち着いた。

小説を書くために他人の小説を読むよりも、まずは作文法を学んだほうが近道。
ただ、いろんな人の写真はみておかなくてはならないのは十分わかっている。
こんな話がある。有名な人気飲食店の息子のある日の昼食は、最高級和牛。
息子の父(社長)曰く「うまいものを知らずに、うまいものが作れるか」
・・まさしく正論だが、毎日最高級和牛とは羨ましい(笑)

明日はポートレイト練習日。
どんな表情をさせようか、どんなポーズがいいのか、ロケは?
モデルの心をほぐす楽しい話はあるか・・友人とわかっていても、撮る前はいつも緊張する。
a0034902_2318043.jpg

PENTAX K10D DA40mm F2.8 Limited
[PR]
by tbs701 | 2007-01-02 23:32 | 風景